日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第6話 | ネタバレ

第6話 「まるで動物みたい」田舎の自然の中でセックスに耽る少年少女



昔よく遊んだ場所で

開放的になって

激しくセ〇クス☆

遊びはまだまだ終わらない…!

かんたん内容紹介
  • 神社で立ちバック青〇!
  • 姉は従弟に命令されてフ〇ラ&ごっくん!

試し読み無料

\1話たったの86円/

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~

BookLive!コミック独占先行配信中
↓ ↓ ↓

日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第6話 あらすじ

 

親たちがずっと

家にいるというある日。

僕らは「虫捕り」という名目で

外へ出かけた。

 

昔よく遊んでいた神社に着くと、

まな姉とすず姉は

下着を下げて

お尻を突き出した。

 

「じゃあさっそく…

しちゃおっか♡」

 

パン パン パン!

 

「あ♡あ♡あ♡」

 

チュプ チュプ チュプ

 

「ん♡ん~~♡ん~♡」

 

立ちバックで並んで

セックスする僕ら。

 

ふとタケルが

「どっちが先に相手を

イかせられるか」

勝負を持ち掛けてきた。

 

乗り気なまな姉。

タケルは僕が答える前に

勝負を始めた。



勝負の行方は――

 

パン パン パン!!
クチュクチュクチュ♡

 

「あ゛♡あ゛♡ア゛♡ア゛♡」

 

タケルに乱暴にされて
姉ちゃんが下品な声を出している。

(く…くそぉ!

僕だってあれくらい…!)

 

チュプ チュブ チュプ
ヂュプ チュプ チュプ!!

 

「あん♡ヒロくんすごぉい♡

そんな激しくされたらウチ…

あうっ♡

すぐに…

イっちゃうよぉ♡」

 

激しく腰を振る僕を見て

タケルも動きを激しくした。

 

「ほらイケすず姉!

こうやってパンパンされる

好きなんだろ!?」

 

(姉ちゃんに命令しやがって…!)

(僕のチ〇ポのほうがすごいって

見せつけてやる!)

 

「もう動物みたいだよぉ♡

ひあん♡」

きゅうう♡♡

 

まな姉のオマ〇コが

チ〇コを搾り上げるよう

締め付けてきた。

耐え切れず僕は果てた。

 

ドピュドピュ
ドピュル!!

 

同時に横で

タケルと姉ちゃんも果てた。

 

「あ゛♡あ♡

アア゛ア゛♡ア♡~~~」

 

ドピュドピュドピュル♡

 

勝負は引き分けだった。

 

タケルに命令された姉ちゃんは

その後、親たちに怪しまれないよう

本当に昆虫採集をしていた。

しかし……

 

タケルは抜け駆けしていた。

しかも、姉ちゃんにフ〇ラを

させているのを目撃してしまった!

 

(姉ちゃんが…

本当にタケルのチ〇コ

咥えてるのか…

しかも僕に内緒で…!)

 

「すず姉そのまま吸ってて

俺腰動かすから」

 

ちゅぷ♡ちゅば♡
ぢゅぷ♡ちゅぶ♡

 

「ん゛っ♡ん゛っ♡ン゛♡」

 

グポッ ブポッ

 

姉ちゃんの口が

オ〇ホのように扱われていた。

 

しかも彼はそのまま

姉ちゃんの口に

射〇したのだ!!

それだけではなく、

精〇を全部吸い出せと

彼女に命令した……!

 

ヂュ~~♡

ヂュ~~♡

 

姉ちゃんが下品な音を立てて

チ〇コに吸い付いている……!

 

「じゃあ飲んで

一滴も吐いちゃダメだからな?」

 

「ん…♡」

ごくん

 

頷いた彼女は精〇を飲み込んで

その証拠に口を開けて

タケルに見せた……

 

河原で水遊び

田舎から帰宅する日が

間近に迫っていたある日、

昔よく遊んだ河原に来た。

 

最初は普通に水遊びを

楽しんでいたけれど……

 

「涼しくなってきたし

ちょっと休憩しよっか?」

 

服が濡れて身体がスケスケになった

二人が頬を赤らめて横たわる。

 

「どこ見てるん?

やっぱり男の子って

エッチやねぇ♡」

 



日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~ 第6話 感想

野外デビュー!!

賽銭箱に手をついて

オマ〇コをぐちゃぐちゃにされる

まな姉とすず姉のエロいこと……

なんてバチ当たりなんでしょう☆

 

一番良かったのはやっぱりすず姉!

上目遣いで、しかも命令されて

フ〇ラする姿が堪らない!

 

まだ中学生?なのに

潮噴きもできて

年下に調教されていて……

将来が有望ですね!!

 

激しいセックスしか

知らない彼女に

ねっとりじっくり

本当の「遊び」を

大人のテクニックで

優しく教えてあげたい☆

 

まな姉には玩具を渡して

すず姉の隣でオ〇ニーでも

させたいですね♪

 

妄想が止まらないこの作品、

まだ読んでいない方は

是非試し読みを!